悪化予防には歪みを明日へ持ち越さない、
 (自身で/自宅で/その都度)行う、
         的確な腰伸ばしストレッチが重要!

筋肉ではなく、骨(間接)の話です。!”
縮んだ背すじと腰すじを、体軸方向へ伸ばしたい!

       簡単 背伸ばし・腰伸ばし!
簡易携帯型 ≪背のび~の≫ 腰痛 ≪腰のび~の≫

  長時間運転は腰に来る!


長時間座ったままでの自動車運転や乗り物移動は、”腰痛持ち”には辛すぎる。
旅先での逸早い回復は重要なポイントです!
 
 
   毎日の対応こそ大切です!

 ”腰痛持ち”の場合、腰椎の歪み環境は常に飽和状態です! その自然回復は筋肉ほど簡単ではない。毎日加わる歪みの積み重なりを放置すれば、確実に悪化へと移行する。

 慢性的な腰痛 ≪繰り返しの悪循環を断つ!≫
 毎日行なう、3分間の骨格系減圧の腰伸ばし!

 ”その腰痛を何年続けていますか?”
 立位生活を続ける以上、上半身の加重負荷による
 脊椎間接の歪みは毎日繰り返される!
 筋力の疲労や衰えと、骨格系に及ぶ縦軸の歪みは
 相互に作用しながら蓄積される。





 
歪みとは、
 各間接で起こる骨の微細な位置ズレです。
 曲げや反りで気持ち良いのは筋肉だけのこと。
 それでは、毎日加わる縦軸に及んだ間接の歪みを
 回復させる力は何処にあるのでしょうか?

 寝て起きての自然回復力は鈍くなり、腰痛ベルトや
 湿布などで守るだけでは、積み重なる悪化を防げ
 ません!




 
フォトンは本質を追求した2つのオリジナル商品を提案します。
≪自身や大切なものを守るための≫
   
新しい地域関係の築き方!
 
■地域内の人間関係の作り方は”声掛け” 
       ダケで築けるほど単純では無い。

 ならば、「自身や大切なものを守るため」
 だけの共通な意識でのみ関係が作れたら!

機械が創る自立した近隣関係

 ・地域関係がなくても問題ありません。
 ・機械システムがこれを創ります。
 ・近隣者相互で支え合う1対複数名の共助体制

生活習慣的な歪みだから
毎日のリフレッシュが大切!
  機械は使えない!
 
≪自力でなくてはならない、2つの重要なワケ!≫
■縮んだ腰椎間接へ、的確な解放ベクトルを得る ■その場での安全性の高い反復的な用法が必須
「本品は自力を伝える骨筋的な構造を利用して、背すじや腰椎関節を挟む体軸上の上下両方向へ、小さくても十分な減圧ベクトルがダイレクトに加えられる様に設計されています。」

【外からの徒手や機械力はそれだけで緊張を生む!】
通常、外皮に対して行なわれる押す・もむ・引きずる・曲げるなどの一般的な横からの徒手や、器械を用いたアプローチでは、皮膚や緊張時の筋肉層(体幹筋を含む)などの軟組織が緩衝となり、その中心に位置する胸椎や腰椎関節へ目的とされる有効な力は届き難い。機械牽引の効果が安定しない理由の1つはこの筋肉緊張の個人差によります。

【生活環境内では存在しない、長軸方向への開放運動!】
加えて体の身長軸方向へ及ぼすベクトルを体深部へ作り出すことは、曲げ反り等の回転運動や外からの外力を用いて、これを行うには構造上において大変難しいものがある。必然的に無駄なものが多くなり、機械牽引の様に大きな力が必要とされる。

筋肉に守られた深い位置での縦方向の歪みだから、骨格的特長を利用した自身で行うストレッチが有効となる。自力であれば、緊張した筋肉を緩めると同時に、自身の管理下で骨格構造上の力の伝播を利用して的確に歪みの解消方向へ、目的とする開放力を及ぼすことができる。


腰痛の原因となる上半身の不良姿勢による体加重の負荷は、毎日腰背部に圧し掛かり、歪みとなって蓄積されて行く。
この歪みはメタボと同じで生活習慣的に繰り返される!

「悪化予防を目的として、生活習慣的に積極的な補正対応を行います。その為には一人で行う用法の簡便性と運用上の安全性を高く保全する必要があります。」

【極めて安定した、繰り返しの使用法!】
他の力(人や機械力など)が加わらない、自身だけの安定した管理下での対応は、ストレッチ運動上の高い安全性と反復用法上の大きな利便性を生みだします。
その上、加えられる自力は痛みの無い健常時には感じ難いが、歪みには十分に働く程のミニマムに管理された出力ですので、やり過ぎる心配がありません

【体の歪みは毎日生じるもの。週1の対応では・・・?】
”日々、腰痛不安を重ねながら、悪化しての通院!この繰り返しでは、あまりに問題です。活動は消極的になり! 運動不足も加えて、老後の変化も心配です!”
機械牽引の安定しないもう1つの理由として、悪化時のみ行なわれる週1回対応では不十分であると考えられます。
≪本品は、日々の安心環境を作り出します。

【骨格構成組織の歪みは、筋肉ほど容易には回復しない!】
脊椎関節を構成する靭帯や椎間板や関節包や軟骨などの構造軟組織は外周を覆う筋肉と同じには容易に機能回復できません。しかし加圧環境は毎日繰り返され、悪化して後に行なう機械牽引などは、週1回で30分程の処置時間です。この現状で回復できると思われますか?
≪日々、歪みをリセットすることが必要な対応です。≫

            

 長時間の運転・デスクワーク・立ち仕事など
   
その辛い鈍痛こそ、体からの注意信号!
その適時の対応こそ、悪化予防の重要なポイントです!


 
         
  背すじ、腰痛、 ≪自立牽引ベルト≫       













  ポップライン・バディシステム






本文へジャンプ
About us   開発の背景   代理店様 お買物方法    注文フォーム  お問合わせ


自立牽引ベルト

 トップページ  
 製品の詳細   
 カタログ    
 Q&A   
 お買い物方法
 注文フォーム
 ポップライン・
   バディシステム 
カード決済とポイント取得には
 ”代理店募集中”
シニアの皆様、経歴を生かしたアルバイトは如何ですか!
 ”投稿更新中”
 
「腰痛からの脱出」
ChecK!
Facebookのお客様はこちらでご確認!

Facebook”いいね!”にご協力下さい。ログイン後"phomec"で検索!



























































































































フッターイメージ