自立牽引ベルト   【 背すじ補正と慢性腰痛の必需品 】
Photon Co.Ltd.
カード決済とポイント取得なら
 ”代理店募集中!”
シニアの皆様
経歴を生かしたアルバイトは如何ですか!
  Check !
Facebookのお客様はこちらでご確認!          

Facebook”いいね!”にご協力下さい。ログイン後
 ”phomec"で検索。


悪化への不安を断ち切る・・・”ただ、これだけで!”

『 ポイントは毎日行なう、的確な腰伸ばし! 』

 ≪伸ばしたい!≫
 辛くなると体が自然と求める
 この動作。実施の難しいこの
 動作を実現させてみるとその
 効果に驚く!
  
 屈曲や反りでは筋肉は伸ば
 せても、回転の中心にある
 間接は難しい。、体深部に
 おいて体の長軸方向へ
 伸ばす
必要があるからだ。

 ≪歪みとは・・・?≫ 毎日のこと。
    各間接部で生じる微細な骨位置のズレ込みです。
    これが回復出来ずに蓄積されると・・・・!!!

    この対象者の簡単な見分け方? 


その腰痛、何年ものですか?
本法の3大特徴
その1.
     腰痛、辛いその瞬間に使って下さい!
              自宅で行える簡単な回復ストレッチ法!
     (不良姿勢による加重負荷は毎日繰り返されます。
      嵌頓
カントンし回復の鈍くなった腰椎間接を減圧し解放します。
           
///お使いの腰痛ベルトは動きを抑制して守るダケ!)
その2.
     体深部において上下長軸方向へ加えられる有効な腰伸ばし!
     (腰椎間接は体深部にあり、外から加えられる物理的な外圧に対し
      ては皮膚や筋肉などの軟組織を介して浮いた状態にあります。 
      外皮に加える引っ張り力や曲げや押すだけでは伸ばせません。)
      自身であるが故の、体構造を利用した的確な減圧ストレッチ力を、
      目的に合わせたベクトルで、10~30秒の一定時間連続で加える
      ことが大切です。
その3.
     自身の瞬間管理による高い安全性!
     (痛いのです!
      他から加えられる外圧には大きな不安と緊張が生じます!
      小さな自力ですが、体調に合わせた歪み矯正が行えます。
      自身の瞬間的な判断で緊張や弛緩する制御された運動は、
      思わぬ事象からのトラブルを防ぎます。) 

 
///以下のテーマを改善する。///
 日々の除痛と矯正(短期的に観れば)

■疲労性の慢性腰痛は毎日のこと!いまいましい痛みが生活を苦しめる。
自然の回復力を高めること!
  「腰痛ベルト」は守るだけ!。寝て起きての回復だけでは限界がある。
■根治が難しい!病院や専門家の指導は目先の症状を改善させるのみ
■積極的な対応策を手元に持つことの安心
■重篤な悪化状態への予防を目指します。
  「日々改善し、歪みの蓄積を断ち切る。」

 加齢と共に加わる生活習慣病(長期的に観れば)

生活習慣病と観るのが現実的!姿勢を含めた生活スタイルの積み重ね。
日々のケアが必要 自身の事!これだけは専門家では出来ない事です。
◆負の悪化スパイラル
 ・・・経年的な構造筋力の低下と歪み生活の重複は組織変成へと進む

 現役のワーキング世代にこそ必要です。

●この重苦しい腰痛は、その不安と辛さから当事者の活動意欲を大きく損な
  わせてしまいます。

 中腰姿勢の多い立ち仕事/同じ姿勢の続く工場/長距離運転/建築工事
  現場/緊張姿勢のデスクワーク/介護や子育てなどで働く皆様こそ
  必要なアイテムです。


///その他の参考材料///

 ≪対象者は?≫

対象は運動疲労性の腰痛者です。

病気と診断を受けていない方々の中で、腰痛時において頭上位置へ両手でつかまり、上体を引き上げるか腰を落とし込む動作により上半身の重みを除いた際に、腰痛部が楽になることを感じられる方々は全てこのストレッチの対象者となります。

 「ぶら下がり健康器」と同じですか・・・?

基本的な動作メカニズムはまったく同じです。

・「A:ぶら下がり健康器」は(立ち上がり)高い位置にある棒に両腕でぶら下がり、下半身の重さを利用して、腰部を長軸方向の上下両方向へ引き伸ばします。
・『B:自立牽引ベルト』は(仰向けに寝転がり)腰のベルトを両腕で押し込み、それにより生ずる作用と反作用の力を利用して、腰部を長軸方向の上下両方向へ引き伸ばします。


ただ、この2つには運動環境上3つの大きな違いがうまれます。
1つ目は、目的を得るための力です。
Aは全力で体を浮かせる必要がありますが、Bは腕立てくらいの力で行います。従ってその運動の持続性と反復回数に大きな違いが生まれます。
2つ目は、安全性です。
Aは(痛みを持っている方が)全力を投じていることと、立位での運動により、腰部が浮いた状態にあり、その着地時に”ぐらつき”等の大きな不安を抱えます。従って、女性の方などで腰部耐力に自信の無い方は行えません。
3つ目も、安全性です。
Aの場合、下半身の重みを仮に体重の半分と想定した場合、50Kgの方は25Kgプラス反作用の25Kgを加えた50Kg相当の引っ張り負荷を瞬間的に腰部へ受けることとなります。
比べてBの場合は、小さな力ですが、十分に痛みと照らし合わせて自身で管理された力を減圧ストレッチとして加えることが出来ます。大きな力を一気に加える必要は無いのです。毎日押し縮められている腰椎間接を減圧環境におくことが大切です。

この運動には腰部構造体の骨格系だけでなく、その周りを保護する筋組織の緊張の弛緩が合わせて必要です。そのためにも持続可能で安定した引っ張り負荷を加えられるストレッチが必要となります。


 「機械牽引機」と同じですか・・・?

加えようとする運動は同じに見えますが、得ようとする目的が大きく異なります。

・「A:機械牽引機」は体の一部(例えば脇の下など)を運動方向に対して抑制し、腰部を挟んだ反対側へ機械的な引っ張り力を加えます。その引っ張り力により、その間に挟まれた腰椎間接を物理的に数ミリ押し広げるといった治療的目的を持っています。
・『B:自立牽引ベルト』は(仰向けに寝転がり)腰のベルトを両腕で押し込み、それにより生ずる作用と反作用の力を利用して、その間に挟まれた腰椎間接を減圧環境に置き、自然回復を促します。

2つは治療と生活習慣的補正改善といった異なった目的をもっています。その為に出力や安全面やその用法においていくつかの違いがあります。

1つ目は、力の加え方です。
Aは不安を抱える腰痛持ちに対して、他が力を加えます。その力は外皮を引きずることで加わりますが、外皮や筋肉などの軟組織で覆われて深部に存在する腰椎間接は物理的外圧に対しては浮いた状態にあるため有効な力が働かせ難く、加えて有訴者の緊張状態による筋肉抵抗も加わりますので、有効条件の管理が大変難しく、その上大きな出力となり易い。これが機械牽引療法の有効性を安定化できない大きな問題点です。その上、週に1回程度の治療的な対応ですから、回復までに時間を要します。
Bは腕立てくらいの力で行います。自身で行う押し込みストレッチにより生まれた作用と反作用の力は骨を通じて、脊椎の長軸上のベクトルとなり、この間に挟まれた腰椎間接にダイレクトに及びます。加えて自身で腰部周りの緊張の弛緩も容易に行えますので、小さな力で有効な減圧環境を作り出すことが可能となります。その上、機械力と違い自身で行う小さなストレッチ圧ですから、腰部違和感のその度ごとに対応が可能です。

2つ目は、安全性です。
Aは不安状態にある腰痛の有訴者へ行う、外から加えられる外圧です。その上、機械的な出力ですから、効果の見えない大きな出力となり易く、これに対する安全的な対応も自身で行えずに機械任せか、施術者任せとなります。想定外の事象に対して瞬間的な対応が難しい治療法です。
Bは全ての作業行為が自身の瞬間的な判断で行われます。加えられる力も自身の体力に制限されますので、”ハッと緊張させる”等の瞬間的な筋肉反射だけで安全性が担保されます。

3つ目はその用法です。
Aは治療を目的として週1回程度の間隔で行われます。痛みやしびれの症状改善を目的として、押し縮められている脊椎間接間を押し広げるために行われます。
Bは腰椎間接へ毎日繰返し加わり続ける体加重による加圧環境を、その都度減圧させる目的で行います。従って、使用のタイミングや場所は、全て使用者の判断により実施されます。



 ”投稿更新中”
 2014.3.29  【『自立牽引ベルト』実行のメカニズム】
 2014.3.27  【『自立牽引ベルト』の使用目的】
 2014.2.3  【勤労者に多い慢性腰痛】
 2014.1.20  【腰痛に関する学術的な評価法について】
 2014.1.14  【弊社の方向性につきまして】
 2013.11.26  【胸椎の歪みを実感する】
 2013.11.4  【女性でもOK!・・・自力ですが僅かな力で十分です】
 2013.10.30  【この腰伸ばしストレッチでびっくりするほど回復!】
 2013.10.25  【疲労性の慢性腰痛を自宅で根治させるための提案】
 2013.10.21  【自宅で出来る疲労性腰痛の簡単除痛ストレッチ】
 2013.10.15  【「腰痛”さよなら”プログラム」について・・9】
 2013.10.11  【「腰痛”さよなら”プログラム」について・・8】 
 2013.10.7  【「腰痛”さよなら”プログラム」について・・7】
 2013.10.4  【「腰痛”さよなら”プログラム」について・・6】
 2013.9.30  【「腰痛”さよなら”プログラム」について・・5】
 2013.9.27  【「腰痛”さよなら”プログラム」について・・4】
 2013.9.24  【「腰痛”さよなら”プログラム」について・・3】
 2013.9.20  【「腰痛”さよなら”プログラム」について・・2】
 2013.9.17  【「腰痛”さよなら”プログラム」について・・1】
 2013.9.13  【自立牽引ベルトを使うと・・・3】
 2013.9.9 【自立牽引ベルトを使うと・・・2】
 2013.9.5  【自立牽引ベルトを使うと・・・1】
 2013.9.2  【慢性の腰痛を根治させたい!・・・2】
 2013.9.1  【慢性の腰痛を根治させたい1】
 2013.8.26 【麻痺している”腰痛持ち”の実態・・・7】
 2013.8.23 【麻痺している”腰痛持ち”の実態・・・6】
 2013.8.19 【麻痺している”腰痛持ち”の実態・・・5】
 2013.6.16 【麻痺している”腰痛持ち”の実態・・・4】
 2013.8.12 【麻痺している”腰痛持ち”の実態・・・3】
 2013.8.9 【麻痺している”腰痛持ち”の実態・・・2】
 2013.8.7 【麻痺している”腰痛持ち”の実態・・・1】
 2013.8/6 【「ぶら下がり健康器」と同じですか?】
 2013.8/2 【(慢性腰痛)辛い時、どうしていますか?4】
 2013.7/29 【(慢性腰痛)辛い時、どうしていますか?3】
 2013.7/25 【(慢性腰痛)辛い時、どうしていますか?2】
  2013.7/22 【(慢性腰痛)辛い時、どうしていますか?Ⅰ】
 2013.7/12~19  Facebook【”いいね!”様、顔見せ・・・・キャンペーン2】
 2013.7/2~11 【悪化させる前に、日々の事6~10】
 2013.6/7~30 【悪化させる前に、日々の事1~5】
      過去の投稿を見る



本品は治療器具ではありません。
  自身の判断で行うストレッチの補助用具ですので、効能に関する責任は負いか
  ねます。
  また病気に起因する事柄につきましては、専門の医師へお尋ねください。




 期間限定
顔見せイベントは終了致しました。
  • ≪1/15~2/15まで≫
  • お徳にご利用頂けるチャンスです。
  • 送料、他諸費用無料
  • 3週間のお試し期間有
 腰痛の原因は?

根本的な原因を見つめ直し、現状の問題点を指摘する。
 慢性腰痛は
    生活習慣病
繰り返される「負の悪化スパイラル」とは?
 ”投稿更新中”
 「腰痛からの脱却」
”腰痛持ちも”長くなると様々な疑問が生じます。
 開発の裏側     
”ただ、押すだけの道具
ではない!

単純な動作でも、これまでに無かった理由が分かります。
 わたしの体験談
≪ストレッチ運動の
    対象者は?≫
『ぶら下がり健康
   器』と同じですか?
『機械牽引』と
   同じですか?